その後

結局、次の日は40~41℃の熱で、もらった解熱剤もまったく効かず(涙)

もしや突発性湿疹ではなかろうか?と思ったり・・・

でもその次の水曜日には朝から熱も低めで、お昼には平熱になったからちょっと安心してたら・・・ぎょー 夜にはまた39℃の熱があがり、一晩中変わらずかなり焦る。

こんなとき、何海外出張してんだよーとダーリンに勝手な八つ当たりもしたくなる始末。

今日、朝一でまた病院行って、突発でもないし、ヘルパンギーナでもないし・・・ってことで急遽血液検査になってしまった。結局、それも問題がなくやっぱり夏風邪ですね、ってことで薬もらって帰ってきました。

それ以降は37.6℃の微熱になり、とっても元気になってゆき、夕方には下痢が始まってこれで菌が出てくれれば終焉か?と期待する現在でございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0184253_2146752.jpg


話しはすっかり変わって、先日ヨガでお世話になってる先輩ママからお下がりの靴と沢山のお洋服とフレッシュなすだちを頂きました。

私は親戚の子供がみんな男の子なので、靴や可愛い洋服のお下がりはなくて(笑)

おさがりの物ってなんだかとってもあったかいなぁ~って思っちゃった。私が小さい頃はお下がりの服をしょっちゅうもらってて、それが届くたびワクワクしながらお母さんの横に座ってたな。

こうして親の立場にたって改めて、ものを譲ってもらうってなんだかとっても心がほんわかするもんなんだなぁって。

やっぱりモノを大切にする気持ちも一緒に佳穗に教えてあげるべきだよね。

お友達が言ってたけど、壊れたおもちゃやなんかは必ずセロハンテープや何かで修理した方がいいよ。そうすれば子供もモノを大切にするようになるから、って。

なるほどな~って思った。やっぱり親は見本なんだよな~ 

最近は『安かったから』とか『どうせちゃっちいものだったから』って壊れたままだったり、時には捨てたりしてしまったこともあるな。。これはかなり反省だな。

私も身近な人に佳穗の使ったモノを気持ちよくあげれるように大切に使っていこう!
[PR]

by knao0203 | 2009-08-06 22:08 | かほ  

<< 結局・・・ 久しぶりにダウン >>