不協和音

二世帯住宅の話しが持ち上がって約1ヶ月半。どこに家造りを頼もうかと奔走してきました。

大手住宅メーカー3社、建築士の設計する業者2社。

色んな打ち合わせを重ねて2社に絞りこんで行きました。

軽量鉄骨を扱う大手住宅メーカーのA社。木にこだわったデザイン重視のT社。

打ち合わせに打ち合わせを重ねダーリンはA社。私はT社が気に入りました。お父さん、お母さんもどちらかというとT社。

けれど、そこからなかなかダーリンと私の折り合いがつかず、打ち合わせを終えるたびに二人の間にビミョーな空気が流れるばかり。。。

ダーリンは、軽量鉄骨=地震や火事に強いこと、ロングライフ住宅を謳うその会社ならばこの先のメンテナンスのコストもかからないだろう、と言う主張。

私の選んだT社は、住宅レベルなら木造も軽量鉄骨もほとんど耐震はかわらない(と、知人の建築士もT社の方もそれぞれ言っていた)こと、狭い土地に有効的な間取りをとるには木造が適していること、木のぬくもりを感じれること、間取りが魅力的なこと、センスがいいこと、何より『木』へのこだわりがすごく、かなり立派な材料を使用することがその理由。

けれど、けれど、お互い譲らず平行線のまま。

そのうち、我が家の中で不協和音が鳴り出して・・・私ってば、本当に本当にA社で建てた家なんていやだ!って思ったからいけない一言いっちゃいました。

『T社じゃないなら離婚する!佳穗とこうちゃん連れて』

ダーリン『えっ・・・・(絶句)』

そりゃそうだ。それじゃ、脅しだよねぇ(苦笑)

でも、絶対嫌なんだもん。

後日、ダーリンが『わかったよ』って言ってくれました。ダーリンの優しさに漬け込んでしまいましたが今回ばかりはお言葉に甘えることにする予定です。

だって間違いなく『いい家』が出来るはずだから。私はT社の『家造り』についての哲学を聞いてここなら間違いないって思ったんです。だからきっとダーリンも『やっぱりよかった』って思うと思う。

まだ契約には至ってませんが、今月中には決定したいなぁ~

しかし、ガチンコ対決って疲れるもんだね(笑)
[PR]

by knao0203 | 2010-09-21 22:31 | 家造り  

<< 人間ドック 夏も終わりに・・・ >>