やりきれない。。。

先日、高校時代の友人からメールが届きました。

次男のKくんが天国に行ってしまったと・・・

6月に低体重で生まれ、一時は生命の危機もあり、ずっとNICUにいたのだけど、先月山場を越したという連絡があったので、退院したらぜひ会おうね、と言っていたばかり。。。

冷静でいられるはずがない彼女から、努めて明るく振舞っているメールにすぐに返信することが出来ませんでした。

共通の友人から連絡がくるも、彼女の状況がわからず。メールの文脈から察すると、家族だけで見送ってきたようだったので、友人と相談してまずはそっとするのが一番なんじゃないかという結論に達しました。

Nで頑張ってる、というメールをもらった時、経験者である私は他人事とは思えなくて、心から応援メールを送った。彼女は嬉しくて泣きながら読んだ、と言ってくれた。佳穗のN生活は本当に辛かったけれど、こうして少しでも人の心の支えに役立てるんだと思ったら、あんな経験もよしだなと思った。けれど、今回の結果は私の経験した悲しみを遥かに超えてしまって、ただただ悔しくて、悲しくて仕方がありませんでした。

メールの返事はなんて書こう。。。そもそも書くべきか???

しばらく悩んでいたけれど、自分だったら?に置き換えて、結局返信することにしました。

私が、ある日突然父を事故で亡くした時、友人たちがくれたメールはやっぱり心を暖めてくれたから。その時の気持ちを思い出して、やっぱり書くことにしました。

とても優しくて、思いやりのある彼女。N生活だって、とっても頑張っていたんだと思う。なのになんでこんな仕打ちがくるんだろう。

自分に辛いことがあったとき、物事は全て『必然』なんだ、きっと意味のあることばかりなんだ、って思って生きてきたけど、こんなの必然なんかじゃないって思う。こんな悲しみは必然だなんて思えないよ。

生後2ヵ月。この世に生まれて2ヶ月だけど、ママにとったらずーっとずーっと命が芽生えてから一緒にいるんだもんね。諦めきれないよ。

彼女からの返信はまだありません。とにかく、身体だけは大事にして欲しいな。ごはん、ちゃんと食べれてるかな。

早く彼女と会える日が来ますように・・・
[PR]

by knao0203 | 2011-09-02 22:43 | 日々のこと  

<< ある日のこうちゃん 家族旅行 in 長野 >>