マクロビに挑戦!

f0184253_21272563.jpg 

佳穗がまだまだ赤ちゃんだった頃、ベビーヨガを習ったことがありました。私が『マクロビオティック』と言う言葉を知ったのはその時。ちょっと気になったので、先駆者である久司道夫の本を読んでみました。しかし、気合入れて読み始めるも、すぐに眠くなるばかり・・・全然頭に入って来ませんでした(汗)

しかし、やっぱり気になる『マクロビ』。その後、スポットのお料理教室やご飯を玄米に変えるなど、自分で出来る範囲のことを細々と続けていました。

ところが、8月だったか、ネットサーフィンをしていると、久司マクロビオティッククッキングコースなるものを発見し、『これだ!』と通うことにしました。

今日がその初日。まさか、引越しの後片付けがこんなに長引くとは思わず、まだあたふたとしているわが家ですが、こうちゃんを一時保育で預けて、気合いれて勉強してきました。

内容は4回の講義と7回の料理実習と1回のボディーワーク。今日は講義でした。

マクロビ=ストイックな感じ、お肉とお魚と乳製品が食べられない、理屈がよくわからない・・・が、体には良さそう。。。

と、実は気になりつつも、印象のいいものではありませんでした。

今日、マクロビのほんのさわりを勉強しただけで、『これだ!』と再度、思いました。

難しそうだけど、実は当たり前の話しで、ただ奥が深いだけなんだと。

肉と魚が大・大・大好きなわが家。自己紹介したときには、そのことをカミングアウトし(笑)、『100%は無理なので、2/3くらい生活に取り入れてみようと思ってます』と正直に言ってみました。

けど、マクロビを正しく知り、自然の流れに逆らわなければ、いずれ体がそんなに欲しがらなくなるのかなぁ~と先生の話を聞いて思いました。私の腕が上がるまでは徐々に頑張るつもりです。

そして、私がマクロビに込める強い思いも明確になりました。

もしかしたら、マクロビを知っていれば母を胃がんで亡くさずに済んだのかもしれない。けど、それを悔いてもどうにもならないので、我が家からは病人を出さないこと。それが、マクロビを通しての思いになりました。
少なくても母のDNAを受け継ぐ、私と佳穗と浩司はガンの因子が存在すると思っていた方がいいんだと思います。だから、ガンの発症のリスクを低くするためにも、マクロビをうまく付き合って行きたいと思います。

ただ・・・・・こんなに私が頑張っても、健康に無頓着なダーリン殿が今日もスパスパタバコを吸ってます。私がこんなに健康に長生きしたいと努力しているのに、自分の命を自ら縮めようとしてる人がいるー(怒)

残念ながら、家にあるタバコを捨てたところで(実際にしたことある)、本人に意思がなければ、管理しきれません。ざんざん、言ってきたけど、見放しました。どうぞ、どうぞ、命をお粗末にしなさい。こういう人は病気にならないとわからないのかもしれませんね。神様が判断するでしょう。

と、だんだん愚痴になってきてしまった。。。(このことは常にストレスなんですよ~ほんと)

まっ、とにかくこのコースが私に豊かな経験と知識をもたらしてくれますように。3ヶ月がんばるどー

自宅の玄米の底が見えてきたので、早速、友人のたっくんママに紹介してもらった広島のコシヒカリを注文しました。ラッキーなことに22年度の玄米がまだあったー!

ちなみに、写真。なんだかわかりづらいですね(苦笑)

テキストの上に、ここのマルシェで販売していた、玄米おにぎりと黒米クッキーをのっけたものです。おにぎりはメチャうま、クッキーは歯ごたえ十分(つまり硬い!?)だけど、この咀嚼がいいんだよなぁ~と言いながらたべました(笑)

この肉食系家族にマクロビオティックがどう影響するのか! 乞うご期待!!
[PR]

by knao0203 | 2011-10-07 22:10 | マクロビオティック  

<< マクロビ 実習編 クループ >>