さよなら、ダンボ

f0184253_2316885.jpg

先日の14日、ミニチュアダックスのダンボが天国に行ってしまいました。

夜中、階下にいる母からの電話で飛び起きて駆けつけると、ハァハァと苦しそうな息づかいのダンボ。

夕方はお散歩もし、夕ご飯もしっかりたべたとのことなので、あまりの急な変化に私も動揺しました。

しばらく様子を見ても変化がないので、二人で起きていても仕方ないと、母がダンボを抱っこして、私はまた寝ることに。

けど、なかなか胸騒ぎが収まらず、なんとなく玄関が開く音が。どうやら、父がとなりから駆けつけた模様…と思う間もなくまた階下から電話が。

急いで行くと、ダンボはもう息絶える所でした。私たちが見守る中、父の腕に抱かれて…

19歳の大往生!あっぱれ!

妹がアメリカに留学中にダンボに出会い、帰国すると同時に横浜の私の実家へ。私の両親が他界すると、旦那の両親が引き取ってくれたのでした。

どこにいても愛嬌たっぷりの食いしん坊。小さいくせにモナより強い影のドンでした。

翌朝、父と母と三人で動物専門のセレモニーホールに行き、最後のお別れしてきました。

寂しいなぁ。みんな涙が止まらない。
モナはいち早くダンボの危篤を察知した気がします。
モナも寂しいだろうなぁ。

散歩しててもなんか変な感じです。
でも、今頃私の両親と再会してるかな。とっても可愛がられてたので幸せモノだったな。

サヨナラって本当にツライね。
[PR]

by knao0203 | 2012-11-19 22:57 | 日々のこと  

<< 気合い入ってます! 放射能が怖い >>