2012年 11月 13日 ( 1 )

 

放射能が怖い

あまり放射能のネタは話して来なかった私ですが、311以来日に日に放射能の事が怖くなりつつある状況です。

みなさんの周りには放射能を気にしてる人はどれくらいいますか。

住んでる場所にもよるでしょうね。私は東京の北部。決して安全と言える場所ではありません。自分で測ったことはありませんが、近くにホットスポットと呼ばれる場所もある。
けど、放射能を気にしてる人は私の周りではほんとに極僅か。
私も頭の中では勿論とても気になりますが、それを言える場所と言えない場所があるのも現実です。

かほや浩司はとても遊び盛り。幼稚園やスクールが終わってからも公園にいかない日はないくらい。

けど、先日私はなんとなく胸騒ぎがして、いつも遊んでる公園の砂場の砂を測って見る事にしました。いまさらなんですが。勝手にあそこは安全だろうと思っていた…けど。

砂場の表面をスコップで少しずつ採取して、荒川区にあるにっこり館というところに持って行き測定してもらいました。

すると、こんな結果が!

f0184253_23131953.jpg

正直、高台の公園だったのでもっともっと低いと思ってました。さらに、夏に遊んだことのある公園が途轍もない数値だと知り、その時点から軽いパニック状態。

すぐに妹のいるオーストラリアに子どもたちを連れて休養することを考えました。

でも、まずはダーリンに説明しなければ!

いつもになく深刻な顔でダーリンに説明してるうちに悲しくなってきちゃったんです。

東京で放射能を気にしながら生活する事が辛くて。遊び盛りの子どもに砂遊びや枯葉で遊ぶことが許されない?食べるものだって、西のものにこだわってスーパーで立ち尽くすこともしばしば、けど、周りをみるとみんな何事もなかったように生活してる…私が気にし過ぎ⁈そんな思いになったことは数しれず。けど、やっぱり測ってみたら高いじゃない!

こんな所で生活するの辛いよ、って。それからずっーと毎日毎日放射能のこと、母子疎開やプチ疎開のこと、情報を集めました。

うちは去年二世帯住宅を建てたばかり。ダーリンに話すも、はぁ⁈移住⁈みたいな反応でした。プチ疎開については一定の理解はあったものの。
そんな状況だったので、離婚の文字が頭をかすめる。子供を守るのは私しかいない!

そんなただならぬ雰囲気にダーリンもビビったのか、沖縄に住んでる友人に当たってくれるとかは言ってくれました。

その時点は私はオーストラリアに母子でプチ疎開しようと決意していた。けれど、だんだん飛行機代も高くなる時期で3人の往復チケットは30万にもなってしまう( ; ; )

今はちょっと冷静になり、とりあえずかほと私の尿検査をしてからまた考えようと思うことにしました。

日中は幼稚園だし、必要な1リットルの尿を集めるのは時間がかかりますが集まり次第またにっこり館に行って来ます。

続編は結果が出てからにしましょう。いつになくおも〜いネタでしたσ^_^;
[PR]

by knao0203 | 2012-11-13 22:38